So-net無料ブログ作成

安堂ロイド 視聴率 一桁も視野に [安堂ロイド 視聴率 一桁も視野に]

安堂ロイド 視聴率 一桁も視野に
キムタクドラマが一桁も視野に!! 『安堂ロイド』がつまらないのはなぜ?


かつて視聴率の帝王の異名を取った木村拓哉(40)の主演ドラマ『安堂ロイド A.I.knows LOVE?』(TBS系)が苦戦している。
初回放送が19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第二話は15.2%、そして27日放送の第三話は13.2%と、早くも一桁目前の下げ幅を見せているのである。

視聴率がドラマのすべてではないが、木村拓哉にはそれを取ることが使命として課されているといっても過言ではない。
なにしろ、過去の主演ドラマは平均視聴率30%に到達することも珍しくなく、00年放送の常盤貴子とのラブストーリー『ビューティフルライフ』(TBS系)は平均視聴率32.3%(最終回は41%超え)、01年の検事モノ『HERO』(フジテレビ系)は全話30%以上で平均34.3%。その後、徐々にキムタク神話に陰りが見え始めたと言われるようになっていったが、07年の『華麗なる一族』(TBS系)でも最終回は関西地区で39.3%の高視聴率を獲得していた。

そうした実績があるだけに、制作側も木村を主演に起用する際には、高視聴率を期待してきた。
ここ数年はドラマ全体の低視聴率が目立ち、15%が合格ラインと言われるようになっていたが、今年は『半沢直樹』(TBS系)の大ヒットにより、『安堂ロイド』にも期待がかけられたのだ。
しかし蓋を開けてみれば、思った以上に伸びないどころか、毎週、数ポイントずつ下がっていくばかり…
続きを読む--- (livedoorニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。