So-net無料ブログ作成
検索選択

リーガルハイ 視聴率 5話 好調維持 [リーガルハイ 視聴率 5話 好調維持]

リーガルハイ 視聴率 5話 好調維持
堺雅人主演 リーガルハイ 好調維持 第5話は18.3%


堺雅人(39)主演のフジテレビ系連続ドラマ「リーガルハイ」(水曜後10:00)の第5話が6日に放送され、平均視聴率が18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが7日、分かった。
第5話は前回と変わらず、好調をキープしている。
初回は21.2%、第2話は16.8%、第3話は18.5%、第4話は18.3%と推移しており、5話までの平均は18.9%。

12年4月クールで放送され、最高14.5%(第8回)を記録し、国内外で高い評価を得た痛快法廷コメディーの続編。
変わり者で破天荒だけど、訴訟で負けたことがない毒舌敏腕弁護士・古美門研介(堺)が相棒の黛真知子(新垣結衣.25)とともに、毎回起こるさまざまなトラブルや事件をめぐり、法廷で手腕を発揮していく。
今シリーズからこの2人対峙する“天性の人たらし”と言われる若手弁護士・羽生晴樹(岡田将生.24)も加わった。

堺は最終回視聴率42.2%を叩き出した大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS)に主演で、同作を意識したセリフもあるなど、放送前から話題となっていた。
そのほかの出演は、第2子出産後連続ドラマ復帰作となる小雪(36)が死刑囚・安藤貴和を演じるほか、「KAT‐TUN」の田口淳之介(27)、里見浩太朗(76)ら。

第5話は、古美門は文具会社の著作権侵害問題を扱うことになる。
16年前、零細文具メーカーだった同社は、社員の田向(野村将希.60)が描いた犬のキャラクター“おやじいぬ”が爆発的にヒットし、いまや巨大オフィスビルを構えるほどの大企業に成長。
しかし、田向には対価も昇進もなく、会社で冷遇されている現状に、古美門は田向の代理人として同社にライセンス使用料25億円を請求する。
一方、黛の父親・素夫(國村隼.57)が古美門法律事務所を訪れる。
古美門をブラック経営者だと疑う素夫は法廷にまでついてきて…という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュースか より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。