So-net無料ブログ作成
検索選択

あまちゃん 最終回 視聴率 23.5% [あまちゃん 最終回 視聴率 23.5%]

あまちゃん 最終回 視聴率 23.5%
あまちゃん 最終回 23.5% 全回平均20.6%、「梅ちゃん」には及ばず


9月28日に放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」最終回の平均世帯視聴率は、関東地区で23.5%だったことが30日、ビデオリサーチの調べで分かった。
初回から最終回までの平均は20.6%。
これは過去10年のNHK連続テレビ小説で前々作の「梅ちゃん先生」の20.7%に次ぐ2位の数字だった。

ヒロインの天野アキを演じた能年玲奈は30日、NHK広報局を通じて次のようなコメントを発表。

「あまちゃんを見てくださった皆様、たくさんのご支援本当にありがとうございました。私自身、あまちゃんという作品で天野アキという女の子を演じさせていただいたこと、本当に幸せに思っています。まっすぐ突っ込んでいくのって気持ちいい!大好きなものに飛び込んでいくのって気持ちいい!じぇじぇじぇ!\(‘jjj’)/皆さん、本当にありがとうございました。心から感謝を申し上げます!」

訓覇(くるべ)圭チーフ・プロデューサーも「数字では測れない愛情を日々感じ、それを励みに、出演者・スタッフ一同、制作を続けることが出来ました。半年間、『あまちゃん』をとても幸せなドラマに育てていただき、本当にありがとうございました」とコメントした。

「あまちゃん」は総集編が10月14日午前8時20分からNHK総合で放送される。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

テレビ 謝罪会見 芸能デスクって [テレビ 謝罪会見 芸能デスクって]

テレビ 謝罪会見 芸能デスクって
みのもんたも海老蔵も…謝罪会見仕切る「芸能デスク」って何者?


最近で言えばみのもんた、ちょっと前だと中島知子や海老蔵、のりピーなど芸能界の不祥事は後を絶たない。
不思議なのはそのたびに手際よく「謝罪会見」が開かれること。
時には豪華なホテルが使われることもある。
一体全体、誰が仕切っているのか?

ワイドショー全盛期は比較的わかりやすかった。
「ワイドショーのリポーターが問題のタレントの自宅やロケ先まで押しかけるものだから、所属事務所も音を上げて“じゃあ、どこかでお話ししましょう”となっていたのです。その際、モノをいうのは幹事社。各記者会では1年ごとに各局が幹事を持ち回りしている。所属事務所がその年の幹事社と話し合って、“じゃあ、今回はおたくのスタジオでやりましょう”などと決めていたのです」(スポーツ紙デスク)

その際、各社が駆け引きの材料としたのは会見の開始時間。当時のワイドショーはお昼12時スタートと午後3時スタートに分かれていた。
そのどちらに合わせるかで、局内で揉めることもあったらしい。

そのころと比べて、今はどうなっているのか。
「実は今もリーダーシップを握っているのはテレビ局です。ワイドショーのリポーターこそいなくなったものの、今でもテレビ局には各芸能事務所に顔の利く“芸能デスク”という存在がいます。“顔が利く”とはいっても、昔のリポーターのように威圧的ではなく、むしろ事務所の相談相手になっている。彼らがウラで動いて“今回はウチの局で”とか、事務所側からの“独占させるわけにはいかないので、どこかのホテルで”などの申し出を調整したりしています」(前出のデスク)

テレビ局がリードしているのは、かつてと同じだが、ワイドショーが血眼になっていた時代とは明らかに違う部分もある。
「独占がほとんどなくなっていることです。みのの玄関先会見にしろ、海老蔵の豪華ホテル会見、のりピーの謝罪会見などほとんど横一線です。最近の話題で1局独占になったのは中島知子の復帰インタビューぐらい。もっとも、雲隠れしていた中島を引っ張りだしたのは“お手柄”ですが、残念ながら視聴率は思ったほどではなかったみたいですね」(テレビ局関係者)

芸能人にとっては、「安心な時代」になったということだ。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

NHK 半沢 便乗 愛之助がドキドキ発言 [NHK 半沢 便乗 愛之助がドキドキ発言]

NHK 半沢 便乗 愛之助がドキドキ発言
NHKも「半沢」人気に便乗?! 愛之助がドキドキ発言連発


平成最高の高視聴率を記録したTBS系ドラマ「半沢直樹」でオネエキャラの金融庁検査官・黒崎を熱演した歌舞伎俳優の片岡愛之助が27日、NHK「スタジオパークからこんにちは」(月~金曜、後1:27~2:00)に生出演。
「半沢」トークをたっぷり披露した。
放送が終了したとはいえ、NHKで民放ドラマを大々的に扱うのは異例。
愛之助が「いいんですか、NHKで」と心配する場面もあった。

愛之助はNHKで放送中のドラマ「ガラスの家」(火曜、後10:00)に出演中。
この日の「スタジオ‐」は冒頭から半沢一色。
22日の最終回で平均視聴率42.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した「半沢」について、伊藤雄彦アナウンサーから「愛之助さんといえば、社会現象ともなった『半沢直樹』。他局ですけれども」「最終回の視聴率が42%。平成に入ってからはドラマではナンバーワンということで、“倍返し”という言葉も…」と質問攻め。

伊藤アナに乗せられ、黒崎の名セリフ「潰すわよ」とオネエ口調で披露した愛之助は、「いいんですか、これ?NHKで」と民放ドラマの“宣伝”に心配顔。
伊藤アナが「大丈夫です、社会現象になってますので」と返すと、思わず苦笑いしていた。

また、「半沢」で印象的なシーンを聞かれた愛之助は「潰すわよ(のシーン)」と明かし、にやり。
「相手の股間をグッと……あ、大丈夫ですか、“股間”とか(NHKで)言って」とドキドキ発言を連発し、笑わせた。

この“名物シーン”について、「なかなか、男子が男子の股間を握ることって、ないじゃないですか。それに、(股間に)当たると、痛いんですよ。(それが)分かるから、どうしても思い切り握れないんですよ。この人、痛いんだろうな、って。最初は戸惑いながらでした」とユーモアをまじえて解説。
スタジオは笑いの連続となった。

また、「ぼくね、悪役とか、(半沢の)敵役とか言われますけど、黒崎は何にも悪いことしてないんですよ、まじめに仕事をしてるだけなんです」と“悪人”報道されがちな黒崎を擁護。
「よっぽど半沢の方が悪いですよ、物(証拠資料)隠したりして」と話すと、再び大きな笑いが起こっていた。

この日の「スタジオ‐」で半沢トークが展開されたのは冒頭から約15分。
愛之助が出演する「ガラスの家」の宣伝を兼ねての番組出演だったが、NHKといえども社会現象となった半沢人気を見過ごすわけにはいかなかったようだ。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん 最終回 国民的ドラマと成り得たワケ

あまちゃん 最終回 国民的ドラマと成り得たワケ
いよいよ最終回! 『あまちゃん』が国民的ドラマと成り得たワケ


連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK総合)も、ついに28日(土)に最終回を迎える。
“日本の朝を明るくした!!”とまで言われた同作の終了で、多くのファンから嘆き悲しむ声が寄せられている。
最終回を前に、さまざまな要素が詰め込まれた同作を紐解きつつ、いかにして“国民的ドラマ”へと成長したのかを改めて検証してみよう。

【ランキング表】『あまちゃん』好きな登場人物 TOP10

主演の能年玲奈を筆頭に、強烈な個性を持ち合わせた俳優たちが多数出演、そこに1980年代アイドルなどの小ネタやサブカルネタを満載しつつ、わからない人も気にせず観られる配慮が施された宮藤官九郎の緻密な脚本。
そして、稀代の音楽家・大友良英によるテーマ曲や挿入歌。挙げればキリがない程の魅力が同作には詰まっている。

■『あまちゃん』好きなキャラ1位は!?
ORICON STYLEではこのほど、「『あまちゃん』が好きな理由」についてアンケート調査を実施。
1位には、やはり【登場人物のキャラクター】がランクイン。
2位に【ストーリー/物語のテーマ】、その他にも【登場人物たちの方言/話し方】(6位)や【劇中で出演者が歌う曲/流れる曲】(7位)など、様々な“理由”が上がるなか、【元気がもらえる】(5位)も高かった。
楽しい気持ちのまま、1日のスタートを切る……これこそが、まさに『朝の連続テレビ小説』の意義であり、制作サイドからすれば最大の賛辞と言えるだろう…

■散りばめられた数々の小ネタやオマージュに思わずニヤリ
そして同作を語る上で忘れてはならないのが、宮藤官九郎の脚本に散りばめられた数々の小ネタやオマージュだ。
ほぼ1話に1回と言っていい程の数々の“ネタ”が詰め込まれており、ネットを中心にそのルーツとなる“元ネタ”の検証が白熱している。

例を挙げればキリがないが、アキが加入しているアイドルグループ・GMT47はもちろんあの国民的アイドルグループからだし、古田新太演じるGMT47をプロデュースする業界の大物プロデューサーの外見も、どうみてもあのお方…

■“3.11”を悲劇的に描かず、“笑い”を貫き通した英断
先述の通り、『あまちゃん』が後世に名を残す名作となった要因は多数ある。
だが“歴史的意義”という観点からもその最大の要因は、“3.11”の悲劇を作品の世界観を壊すことなく描いたことだ。
東北地方・三陸海岸にある町が舞台ということで、放送前から東北地方太平洋沖地震をどのように描くのか注目されていた…

逃げることなく、“娯楽”や“笑い”を貫き通した『あまちゃん』こそ、決して忘れることのない“3.11”への最良の鎮魂作といえるだろう。
※記事は一部省略しています。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん 続編 宮藤 [あまちゃん 続編 宮藤]

あまちゃん 続編 宮藤
クドカン あまちゃん 続編を示唆


NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」(28日まで。月~土曜 前8:00)の脚本家で俳優、演出家、ミュージシャン、映画監督などとしても活躍する宮藤官九郎(43)が23日、都内で、著書「どうして人はキスをしたくなるんだろう?」(集英社刊)の発売記念イベントを、共著者でイラストレーターのみうらじゅん氏(55)と行った。
宮藤は「あまちゃん」の続編について、明言こそ避けたものの、その可能性を示唆した。

最高視聴率27.0%を記録するなど国民的人気ドラマとなった「あまちゃん」は28日に最終回を迎える。
生みの親である宮藤はまず「(自分の)手を離れて、ずいぶん(時間が)たちますからね」と冷静に語った。

続編について問われると「面倒くさいから、やりたくないわけじゃないんです」と前置きし「やるからにはちゃんとやらないと(視聴者に)納得してもらえない。だから今は何も言えないんです」と、自身も納得できる脚本ができれば続編を作ることを示唆。
これまで続編については否定してきたが、人気作ゆえのプレッシャーもあったよう。
この日は逆説的な表現ながらも、パート2に含みをもたせた。

続編をめぐっては、ヒロイン・天野アキを演じた女優・能年玲奈(20)や共演の俳優・福士蒼汰(20)らをはじめとする出演者や、松本正之会長(69)らNHKサイドも制作を熱望している。

また、放送終了後に視聴者が喪失感に襲われる「あまちゃんロス症候群」、略して「あまロス」という言葉まで誕生するなど人気の高まりはとどまるところをしらない。

宮藤は「今日もいろんな人から『映画はやらないの?』とか言われましたけど…。それも今だけです。ちょっとずつ忘れていきますよ」と謙そんしながら、想像を超える人気の過熱ぶりに戸惑いも見せていた。

この日は「週刊プレイボーイ」で連載中の人気対談の書籍化を記念してのトークイベント。
22日に最終回を迎えたTBS系の人気ドラマ「半沢直樹」について触れた宮藤は「『恩返しだ!』でしたっけ?」「(読んで欲しい人は)半沢直樹さん」と笑わせた。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

おしん 映画 上戸彩 倍返し [おしん 映画 上戸彩 倍返し]

おしん 映画 上戸彩 倍返し
上戸彩 おしん の会見なのに 半沢直樹 ネタが"倍返し!"


1983年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説の映画化作品『おしん』の完成披露会見が、9月24日に帝国ホテルで開催され、主人公のおしんを演じた子役の濱田ここね、上戸彩、稲垣吾郎、泉ピン子、小林綾子、井頭愛海、ガッツ石松、満島真之介が出席した。

今から約100年前の山形県の寒村で生まれたおしん。
映画は、おしんが貧しい暮らしの中、生きる希望を失わずに力強く生きていく幼少期にスポットを当てて描く。
日本中が涙したドラマ「おしん」は、平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という、テレビドラマの歴代最高視聴率記録をマークし、今もその記録は破られていない。

おしんに成り切った濱田は「よろしくお願えするっす」と、山形弁であいさつ。
おしんの母・ふじ役の上戸は「演じ終わった今のプレッシャーは、撮影に入る前と変わらないです。でも、感動したと言ってくださると、他の作品でほめられるより、何倍もうれしいです」と、手応えを口にした。

会見では、『おしん』の撮影秘話よりも、9月22日に最終回を迎えた堺雅人主演の人気ドラマ『半沢直樹』の話題に。
上戸が同ドラマに出演していたこともあり、濱田は「上戸さんに優しくしてもらった分、"倍返し"でお礼を言いたいと思います」と、『半沢直樹』の名台詞を引き合いに出したコメントを披露。
上戸は「打ち合わせ済み?」と濱田と顔を見合わせると、濱田は愛くるしい笑顔で「ちょっとだけ」とうなずいた。
また、同ドラマの最終回は、平成では最高視聴率となる42.2%、瞬間最高視聴率は関東で46.7%、関西で50.4%を記録したが、泉は「視聴率は40%を超すと思っていました」と大絶賛。
さらに泉は「"倍返し"終わっちゃった」と残念そうにつぶやき「でも、その後に木村(拓哉)くんがやりますから。ちょっと! 同じSMAPなんだがら何か言いなさい」と稲垣に振ると、タジタジ状態の稲垣は「『安堂ロイド』よろしくお願いします」と、木村拓哉主演の同枠の日曜劇場『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』をアピールした…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

半沢直樹 最終回 視聴率 速報 [半沢直樹 最終回 視聴率 速報]

半沢直樹 最終回 視聴率 速報
半沢直樹 最終回 関西瞬間最高50%超…監督「頭取まで描きたい」


TBS・MBSテレビ系で22日午後9時から放送されたドラマ「半沢直樹」の最終回の関西地区での平均視聴率が45.5%だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。
同社が現在の方式で視聴率の調査を始めた昭和55年以降、関西地区で放送された民放ドラマでは56年2月の「水戸黄門」の42.2%が最高だったが=表、32年ぶりに更新。
テレビ離れが進む昨今、驚異的な視聴率を挙げた背景には、ドラマの中にちりばめられたいくつもの仕掛けがあった。(豊田昌継)

■瞬間最高は50%超え
「半沢-」は元銀行員の直木賞作家、池井戸潤さんの小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」(文春文庫)が原作。
堺雅人さん演じる大手銀行員の半沢が次々と降りかかる困難に立ち向かう物語で、半沢の決めぜりふ「倍返しだ!」は、一躍流行語となった。

拡大版で放送された最終回で瞬間最高視聴率を記録したのは、午後10時17分、半沢が大和田常務(香川照之さん)の不正を暴いたものの、中野渡頭取(北大路欣也さん)から出向を内示される場面の50.4%。
関東地区も同じ場面だったが46.7%にとどまり、平均視聴率も42.2%で関西地区に及ばなかった。
もともと「半沢-」は、関西地区では7月7日の初回放送から週間視聴率の1位を獲得。
舞台が「大阪西支店」だったことや、笑福亭鶴瓶さん、赤井英和さんら大阪になじみ深い演者が登場したこともあって、関西から人気に火が付いた。

■多彩な仕掛けが効果増大
銀行内部のドロドロした人間模様を描きながら、視聴者に嫌悪感を抱かせない背景には、「僕の演出は悪役に特化しています」という監督を務めたTBSの福沢克雄氏の巧みな演出があった。

悪役に力点を置き、半沢が徹底的にやられることで、最後の反撃の爽快感が際立つ。
敵役である支店長役の石丸幹二さんや、金融庁主任検査官役の歌舞伎俳優、片岡愛之助さんら脇役の演技も光った。
そしてもう一つが、職場でストレスいっぱいの半沢を陰でおもんぱかる妻、花(上戸彩さん)の存在だ。
現代版・仲良し夫婦の心の綾が、女性視聴者の心もつかんだ。

■続編はある!?
半沢人気は社会現象ともなっただけに、周囲は早くも続編に期待を寄せる。
最終回では大和田常務が取締役に降格、半沢自身も証券会社へ出向するなど“含み”を持たせた内容となっており、福沢氏も「責任を持って頭取まで描きたい」と語る。

ライバル局の編成幹部は「テレビの前にあれだけの視聴者を集め、街で噂になる。テレビの価値を高めてくれた点で理想的だし、われわれもああいう番組を作りたい」と称賛を惜しまない。
元民放のドラマプロデューサー、伊東雄三さんはこう語った。

「視聴者を引っ張って裏切り、最後にどんでん返しという展開が秀逸だった。
“テレビ離れ”がいわれるのは、こうした本物のドラマが少なくなったから。
視聴者は常に本物を待っているはずだ」
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

半沢直樹 最終回 100倍返し [半沢直樹 最終回 100倍返し]

半沢直樹 最終回 100倍返し
半沢直樹 最終回で 100倍返し 完了…… 続編に含み


3週連続平均視聴率30%超えの大ヒットを記録し、決めぜりふ「倍返し」が社会現象を巻き起こしたドラマ「半沢直樹」(TBS系、毎週日曜午後9時)が22日、最終回を迎えた。
銀行内で絶体絶命の苦境に立たされながらも信念を貫く半沢が、父親の敵で自らを出向させようと企む大和田常務と取締役会で真正面から対決し、見事、「100倍返し」を達成した。

第10話は25分拡大スペシャルで放送された。金融庁検査の最終聞き取り調査を無事に乗り切った半沢(堺雅人さん)だったが、大和田常務(香川照之さん)の不正を暴く決定的な証拠を握っていた同期の近藤(滝藤賢一さん)が、人事権をちらつかせる大和田に負けて“陥落”。
半沢が大和田を追い詰めるために取締役会に提出する予定だった資料は、不完全なものとなる。
出向していた近藤が銀行に戻って来るとの情報を聞いた半沢は何が起きたかを察し、行方が分からない近藤の携帯電話に「いつもの剣道場でずっと待ち続ける」とメッセージを吹き込む。

そして、大和田の不正を明らかにする取締役会が開かれようとしていた矢先、半沢は上司の内藤部長(吉田鋼太郎さん)から、頭取宛てに金融庁から「半沢次長の検査受け入れ態度に問題あり」との書面が送られてきたことを聞かされ、大和田の不正問題と同時に半沢の処分案も議題に上ることになる。
半沢にとって不利な状況が積み重なる中、運命の取締役会で、大和田への“100倍返し”は達成できるのか……という展開だった。

見事100倍返しを達成した半沢だったが、最後に頭取から呼ばれ衝撃の展開を迎える。
続編への予感を残しつつ最終回を終えた。

ドラマは、小説「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。
平均視聴率は本部の営業第2部次長に栄転し、舞台を東京へ移した第6話で関東地区29.0%(ビデオリサーチ調べ)、関西地区32.8%(同)となり、1日放送の第7話では、ついに関東地区で30.0%の大台に。
第8話では32.9%(同)、第9話では今年放送された全番組の中で2位となる35.9%(同)を記録している。

連続ドラマの平均視聴率としては、最終回に今世紀連ドラ最高の40.0%をたたき出した2011年の「家政婦のミタ」(日本テレビ系)の記録に迫っており、“ミタ”超えがなるかどうかに注目が集まっている。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

半沢直樹 最終回 時間 [半沢直樹 最終回 時間]

半沢直樹 最終回 時間
片岡 半沢直樹 最終回 を告知! 江島副支店長、垣内は結末「知らない」


堺雅人主演のTBS系ドラマ『半沢直樹』(毎週日曜21:00~21:54)が今夜、いよいよ最終回を迎える。
放送されるたびに高視聴率をたたき出してきた話題作。
出演者もそれぞれの立場から、あらためて視聴者に最終回を呼びかけた。

オネエ口調の金融庁検査局主任検査官・黒崎駿一を演じている片岡愛之助は22日、自身のブログを更新。泣き顔の絵文字と共に、「僕も毎週楽しみにしていた半沢が、ついに最終回とは」と寂しさをにじませつつ、視聴者に向けて「どんな結末か、楽しみにしていて下さい」と呼びかけた。
17日付のブログでは、15日に放送された第9話が平均視聴率35.9%(関東地区)を記録したことを受け、「感動です」と歓喜。
22日の最終回については、「予想外の展開ですから、お見逃し無く」と告知していた。

「大阪西支店」編で、東京中央銀行大阪西支店融資課の垣内を演じた須田邦裕は、21日付のブログで「明日はいよいよ半沢直樹、最終回ですね」と呼びかけ、「実は僕もドラマの結末は知りません…楽しみです」と放送を心待ちにしている様子。
また、同じく「大阪西支店」編で同支店の副支店長・江島浩を演じた宮川一朗太も16日付のブログで「さぁいよいよ来週は100倍返しの大クライマックス」とアピールし、「出番が終わってると台本頂けませんからね、僕もどうなるのか全く知りません。おいおい近藤~っ という思いを1週間引きずったまま、22日を待ちますぞっ」とつづった。

同作は作家・池井戸潤の『オレたちバブル入行組』を原作とする第1部「大阪西支店」編と、『オレたち花のバブル組』を原作とする第2部「東京本店」編で構成されたドラマ。
最終回は、25分拡大スペシャルで放送される。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん グッズ タワレコから [あまちゃん グッズ タワレコから]

あまちゃん グッズ タワレコから
タワレコから あまちゃん グッズ登場!熱いよねぇ


潮騒のメモリーズはもちろん、無頼鮨、海女cafe、はては見つけてこわそうまで、全11種の連続テレビ小説『あまちゃん』グッズが、タワレコオリジナルとして登場する。
9月27日より発売、9月19日から予約スタートだ。
販売はタワーレコード、TOWERmini店舗および、タワーレコードオンライン(特設サイトhttp://tower.jp/amachan)で一挙発売となる。

アイテムはどれも魅力にあふれている。
無事復活を遂げた海女のアキちゃんとミス北鉄のユイちゃんによるアイドルユニット“潮騒のメモリーズ”をはじめ、“軽食&喫茶リアス/スナック梨明日”、“無頼鮨”、“海女cafe”、“GMT6”、“見つけてこわそう”、“まめぶう/安部そば”、“純喫茶「アイドル」”といった、『あまちゃん』に登場する見逃せないポイントを捉えたグッズとなっている。
タオル2種、Tシャツ6種、クリアファイル、ふた付きマグカップ、湯のみの全11種で、まるで『あまちゃん』の世界に入り込んだかの酩酊感が味わえる禁断のアイテム群だ。

詳細は以下にてご確認を。
商品はいずれも庶民に優しい生活感あふれるお値頃で登場。
大人買いにご注意を。
どれも熱いよねぇ…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。