So-net無料ブログ作成
検索選択
家政婦のミタ あらすじ 第6話 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 第6話 [家政婦のミタ あらすじ 第6話]

家政婦のミタ あらすじ 第6話
家政婦のミタ 第5話 視聴率は 20%の大台に乗せ22.5%。


家政婦のミタ 視聴率 凄いですね。
他の番組を尻目に 家政婦のミタ だけ20%の大台に乗せて突っ走ってます。

さてさて気になる 第6話 のお話は・・・

阿須田家の子供たちは祖父・義之(平泉成)から養子になるよう、強く言われる。
困惑する翔(中川大志)と海斗(綾部守人)は結(忽那汐里)に、父・恵一(長谷川博己)に会いに行こうと提案。
しかし結は聞き入れようとせず、ケンカになってしまう。
子供たちは三田(松嶋菜々子)に助けを求めるが、三田は「家族の問題に意見を言うつもりはない」と冷たく突き放す。

そんな中、仕事中の恵一の前に三田が現れる。
三田は翔と海斗に頼まれ、養子の件はどうするつもりなのかを恵一に確かめに来たのだった。
しかし、父親としての自信を失っている上に美枝(野波麻帆)への未練もある恵一は、子供たちに伝えるべき言葉が見つからなかった。

阿須田家を心配するうらら(相武紗季)は、結と義之を会わせて話し合いの場を作るのだが.....
(家政婦のミタ 公式サイトより引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ あらすじ 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。