So-net無料ブログ作成
家政婦のミタ あらすじ 第7話 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 第7話 [家政婦のミタ あらすじ 第7話]

家政婦のミタ あらすじ 第7話
彼女にうかつなことを頼んではいけません!
『家政婦 三田灯(みたあかり)』・・・笑わない こびない
しかし、料理・洗濯・掃除など家事は完璧にこなす。
頼まれた仕事は何でもやってしまう、まるでロボット!?ミネーター!?
「人を殺して」と言われたら・・・


気になる第7話のお話は・・・

三田(松嶋菜々子)から「夫と子供を殺した」と告白された阿須田家の子供たちは、詳しい事情を聞こうとする。
しかし三田は、「今後、どんな質問にも答える気はありません」と固く口を閉ざす。

希衣(本田望結)が、幼稚園のお遊戯会で主役を演じることになる。
希衣は「お父さんに来てほしい」と口にするが、結(忽那汐里)、翔(中川大志)、海斗(綾部守人)は、恵一(長谷川博己)がこの先、父親として自分たちを愛してくれるのか、信じられずにいた。
結は「希衣のお遊戯会に来て自分たちを愛していることを証明してほしい」と恵一に伝えるよう、三田に頼む。

三田からお遊戯会のことを聞かされた恵一は、自分がどうしたらいいか分からないと悩む。
そんな中、恵一は、美枝(野波麻帆)を捨てた名取に殴りかかって暴力騒ぎを起こし、会社をクビになる。
そして、希衣から預かった石を失くしてしまう。
子供たちへの愛情の示し方も思いつかず、このままでは子供たちに会わせる顔がない、と追い詰められた恵一は、「お遊戯会を中止にしてほしい」と三田に頼む。.....続きを読む---
(家政婦のミタ 公式サイトより引用)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ あらすじ 第7話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。