So-net無料ブログ作成
検索選択
家政婦のミタ あらすじ 9話 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 9話 [家政婦のミタ あらすじ 9話]

家政婦のミタ あらすじ 9話
ミタは笑顔を取り戻せるか?


壮絶な過去を告白して、三田(松嶋菜々子)は阿須田家から去っていった。
恵一(長谷川博己)と子供たちは三田の消息を追うものの、見つけられない。
すると、紹介所の晴海(白川由美)から「三田は別の家で働くことが決まった」と伝えられる。

三田が派遣された家は、なんと隣の皆川家だった。
恵一と子供たちは、あ然とする。
子供たちが「帰ってきてほしい」と必死に訴えても、三田は「私はもう、みなさんとは何の関係もない」と冷たく突き放す。

一方、三田が辞めたことを知ったうらら(相武紗季)は、阿須田家にやって来て「これからは私が毎日食事を作りに来る」と張り切る。
しかし、いつもの調子でドジをやらかし、父・義之(平泉 成)に「少しは空気を読め」と連れて帰らされる.....
(家政婦のミタ 公式サイトより引用)

予告動画では、ミタさんが「ずーと待っていた。この日が来るのを。」と言っているのが気になります。

家政婦のミタ で脚光を浴びた デュベティカ DUVETICA のダウンジャケット
デュベティカ DUVETICA 人気商品ピックアップ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ あらすじ 9話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。