So-net無料ブログ作成
家政婦のミタ あらすじ 10話 ブログトップ

家政婦のミタ あらすじ 10話 [家政婦のミタ あらすじ 10話]

家政婦のミタ あらすじ 10話
家政婦のミタ 視聴率 9話はチョット下がって27.6%でした。


最終回まであと2回。
気になる 10話のあらすじは・・・

再び阿須田家で働くことになった三田(松嶋菜々子)は、亡くなった夫と息子の幻覚をたびたび見るようになる。
三田は激しく動揺する。

海斗(綾部守人)は、授業参観で母親への感謝状を読むことになった。
自殺した母への思いを書くのをためらう海斗に三田は声をかけそうになるが・・・

一方、恵一(長谷川博己)への思いを断ち切りたいうらら(相武紗季)は、やけになって見合いをする。
阿須田家の人々は不思議に思う。
うららの真意を知っている三田は、思わず自分から口を開こうとする。
三田の中で何かが変わり始めていた。
晴海(白川由美)は「言いたいことがあったらあれすれば?人間らしさを取り戻そうとしているのよ」と、三田を励ます.....
(家政婦のミタ 公式サイトより引用)

家政婦のミタ で脚光を浴びた デュベティカ DUVETICA
デュベティカ DUVETICA 人気商品ピックアップ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家政婦のミタ あらすじ 10話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。