So-net無料ブログ作成
あまちゃん vs 半沢直樹 大ヒットの裏 ブログトップ

あまちゃん vs 半沢直樹 大ヒットの裏 [あまちゃん vs 半沢直樹 大ヒットの裏]

あまちゃん vs 半沢直樹 大ヒットの裏
『あまちゃん』&『半沢直樹』大ヒットの裏にある意外な共通点


ネコも杓子も『あまちゃん』『半沢直樹』と喧(やかま)しい。
もう異常である。
どうしてこれほど人気があるのか。
全テレビドラマをチェックする気鋭のテレビドラマ評論家、吉田潮氏がヒットの秘密を分析する。

テレビドラマ界に激震が起きたのは一昨年。
日テレ『家政婦のミタ』が最終回で視聴率40%超えの大成功を収めたからだ。
通常、ドラマの視聴率は13%超えれば御の字、20%超えれば大ヒットと称される。
ドラマ黄金期の昭和の時代とは異なり、各局が苦戦しているのが現実。
そんな平成の時代に、40%超えなんて異例中の異例だったワケだ。

個人的には視聴率なんか正直どうでもいい。
自分が面白いと思う作品が多ければ多いほどうれしい。
好きな俳優が登場するだけで観続けるし、原稿を書ける。
でも今回はなんだか周囲の温度が違うので戸惑っている。

NHK朝ドラの『あまちゃん』やTBS『半沢直樹』への熱のこもりようがハンパなく、週刊誌のコメント取材なども執拗に入ってくる。
物語の顛末を勝手に予想したり、ヒットの理由を考えたりと、あの手この手で人気にあやかろうとする輩が多い。
はい、この原稿もそれそのものです。

つうことで、ちょいと斜に構えつつ、この二作品のヒットの法則を考えてみた…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
あまちゃん vs 半沢直樹 大ヒットの裏 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。