So-net無料ブログ作成
半沢直樹 続編 映画化見送り ブログトップ

半沢直樹 続編 映画化見送り [半沢直樹 続編 映画化見送り]

半沢直樹 続編 映画化見送り
半沢直樹 映画化見送りに2つの理由


半沢直樹は、このままでは終わらない!!「倍返しだ」の流行語を生んだ堺雅人(39)主演のドラマ「半沢直樹」(TBS系)に“最終回後”の動きが出てきた。
当初予想された映画化ではなく、続編制作に大きくかじを切ることになった。
近年の風潮では「大ヒットドラマ→映画化」が、テレビ界の流れだったが、なぜTBSは逆方向に進もうとしているのか?
それには、2つの理由があった。

「半沢」は8月25日の放送でも、裏の日本テレビに「24時間テレビ」放送中、日本武道館にたどり着けなかったマラソンランナー「森三中」大島美幸(33)のゴールシーンをぶつけられたが、それをはね返して平均視聴率29.0%を記録。
関西地区ではなんと大台突破の32.8%だった。
そして、1日放送分では、さらに数字を上げて平均視聴率30.0%を記録。
関西地区では31.2%という驚異的な数字をマークした。

だが、そんな“お化けドラマ”も今月いっぱいで終了してしまう。
TBSとしては、ここまで大ブームとなったドラマをこのまま終わらせるわけにはいかない。

「放送開始早々から、映画化か、あるいは続編制作か、と検討されていました。
最近になって映画化ではなく、続編で上層部の意向は決まったようです」とTBS関係者。

≪中略≫

「半沢」を映画化すれば間違いなく大きな興行収入を望めそうなものだが、なぜTBSの決断は続編になったのか。

「もともと、ドラマの映画化に乗り気な会社でないことは確か。現在は視聴率も低迷しており、いわゆる“振り向けばテレビ東京”状態です。高視聴率が確実視される続編で、年間視聴率をちょっとでも上げようということでしょう」とは前出のTBS者だ。

だが、理由はそれだけではなかった。
TBSには映画化に関して、あまりにも大きすぎる“トラウマ”があるからだ。
「SMAPの香取慎吾が主演した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』ですよ。09年のドラマの視聴率が散々だったにもかかわらず、11年に映画化。興行収入5億円程度で、大赤字だったといいます。この惨劇を繰り返したくないため、映画化に対し局全体が及び腰となっているのです」(別のTBS関係者)

続編を制作するにあたって、TBSは長期スパンで考えているという…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
半沢直樹 続編 映画化見送り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。