So-net無料ブログ作成
検索選択

リーガルハイ2 5話 あらすじ [リーガルハイ2 5話 あらすじ]

リーガルハイ2 5話 あらすじ
『リーガルハイ』第5話ゲストに國村隼 新垣結衣の父親役


俳優・堺雅人主演のフジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』(毎週水曜 後10:00)の第5話(11月6日放送)に、俳優の國村隼と『水戸黄門』シリーズ(TBS系)の柘植の飛猿(つげのとびざる)役で有名な野村将希が出演することが明らかになった。

10月9日の初回視聴率は21.2%(瞬間最高視聴率23.5%)、10月16日の第2話は16.8%(瞬間最高視聴率19.4%)、10月23日の第3話は18.5%(瞬間最高視聴率20.7%)と、視聴率も好調な同作(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。
多士済々(たしせいせい)なゲスト陣も見どころとなっている。

第5話に登場する國村は新垣結衣演じる黛真知子の父・素夫役。
ほとんど休みもなく、毎晩帰りの遅い黛を心配し、古美門法律事務所がブラック企業なのではないかを見極めに訪れる。
「今まで語られてこなかった真知子というキャラクターのバックボーンが、素夫によって明らかになっていくという側面もあると思います」と見どころを語る國村。
新垣とは初共演だったが、「ナチュラルな方で、演じていてやりやすいです」と話した。

一方の野村は、文具メーカーのサラリーマン・田向学役で出演。
第5話で扱うのは、著作権侵害問題。
16年前、零細文具メーカーの「あじさい文具」は、倒産の危機に瀕(ひん)していたが、当時、30歳の田向が何気なく落書きで書いた犬のキャラクター「おやじいぬ」が空前の大ヒットとなり、現在では社名も「AJISAIカンパニー」に変え、巨大なビルにオフィスを構えるほどに急成長を遂げていた。
ところが、「おやじいぬ」の生みの親で、会社を復興させた功労者の田向は、社内の部署をたらい回しにされるなど、冷遇されていた。
田向自身も、その温厚な性格から、会社からの処遇に反発したり、「おやじいぬ」開発の対価を求めるなどせず、淡々と職務を全うしていた。
そんな田向に目をつけた古美門は、加賀蘭丸(田口淳之介)を使って田向をたきつけ、会社を訴える決意をさせる。
法廷で対峙(たいじ)することとなる会社側の弁護士は、案の定、羽生晴樹(岡田将生)だった…。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

マンガ 女性キャラ 色気 [マンガ 女性キャラ 色気]

マンガ 女性キャラ 色気
色気を感じるマンガの女性キャラは? 「峰不二子」ほか“ダイナマイトバディ”が人気高し


マンガに登場する魅力的な女性キャラクターに思わずウットリしたり、胸をときめかせたことのある読者は少なくないだろう。
そんな読者が選ぶ「色気を感じる女性キャラ」のナンバー1は、やはり“セクシー美女”の代名詞ともされるアノ登場人物であることが、「漫画全巻ドットコム」のアンケート調査でわかった。

同サイトのユーザー519名を対象に行われた「色気を感じる女性キャラNo.1」ランキングの結果によると、文句なしの1位に輝いたのは『ルパン三世』の峰不二子(89票)。
作品中でもルパンほか多くの男性をトリコにする“不二子ちゃん”。支持層も20~40代と幅広く、誰もがお色気=峰不二子と連想してしまうほど、日本マンガ界におけるお色気キャラの筆頭と言えるだろう。

次いで人気が高かったのは、20代の若い層を中心とした支持を得た『ワンピース』の女性キャラたち。
ナミが2位(36票)、ニコ・ロビンが3位(30票)、そしてボア・ハンコックが5位(17票)と上位を占めた。
そして4位には『うる星やつら』のラム(26票)、6位には『キューティーハニー』の如月ハニー(14票)が続く。
やはり峰不二子と同じく、ボン・キュッ・ボンのダイナマイトバディという見た目と、そして中身の小悪魔的要素がよりお色気というイメージに拍車をかけているようだ。

そのほか、7位に『めぞん一刻』の音無響子(10票)、10位に『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ(7票)、12位に『まいっちんぐマチコ先生』のマチコ先生(5票)などがランクインしている。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ドクターx 米倉涼子 釈由美子 公開処刑 [ドクターx 米倉涼子 釈由美子 公開処刑]

ドクターx 米倉涼子 釈由美子 公開処刑
釈由美子、米倉との美脚対決に「公開処刑」と自虐…


米倉涼子主演のテレビ朝日系人気ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~(第2期)」の第4話(11月7日放送)にゲスト出演することが決まった女優の釈由美子が31日、「米倉涼子さんと美脚対決だなんて 恐れ多くて、公開処刑ものです」とオフィシャルブログで自虐した。
同日のスポーツ紙などでは米倉と釈の“美脚対決”といった見出しが躍り、二人のすらりと伸びた脚が写された写真と共に釈の出演情報が報道されていた。

米倉とは、同局のヒットドラマ「黒革の手帖」以来の共演になるという釈。
「相変わらず、お美しくて オーラも半端なくて 緊張して、あまり話せませんでした」と米倉との久しぶりの現場を振り返っている。

そんな釈が演じるのは銀座のクラブのママ。
本人も「黒革の手帖を彷彿させる」役だと紹介しており、「憧れの米倉さんと、またお仕事をご一緒させて頂けたことが何より嬉しかった」と撮影のオフショットの掲載と共に喜びをつづっている。
二人の共演は楽しみだが、視聴者の視線は二人の美しい脚にも注がれるに違いない。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

秋ドラマ リーガルハイ ドクターx 快進撃 [秋ドラマ リーガルハイ ドクターx 快進撃]

秋ドラマ リーガルハイ ドクターx 快進撃
民放ドラマ“秋の陣”勝つのはどこ? リーガルハイ&ドクターXが快進撃


民放秋ドラマが出そろった。
堺雅人(40)主演のフジテレビ系「リーガルハイ」と、米倉涼子(38)主演のテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子」の快進撃が目立っている。

「半沢直樹」で勢いづく堺の「リーガルハイ」は法廷を舞台にしたブラックコメディー。
初回の平均視聴率は21.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好発進。
2話では数字を落としたが、3話では18.5%と巻き返した。
ドラマに詳しいライターの田幸和歌子氏は、「初回は『半沢』のパロディーなどギャグの空回り感があったが、2話以降は前シリーズのコミカルな世界観が復活。
長いせりふを変顔で華麗にクリアする堺の演技の幅広さに脱帽」と評価する。

今期視聴率トップは「ドクターX~外科医・大門未知子」シーズン2。
西田敏行(65)、三田佳子(72)などの実力派を脇に置いた豪華さと、米倉演じる未知子の「私、失敗しないので」などの決めぜりふが痛快。
「ドクターX」の快進撃は続きそうだ。

田幸氏が「期待度ナンバーワン」に挙げるのがTOKIO・長瀬智也(34)主演のTBS系「クロコーチ」(金曜午後10時)。
長瀬は3億円事件を追う悪徳刑事役で怪演を見せる。
1話完結で、毎回、事件が解決するたびに3億円事件の謎が深まる構成。
敵役も1話で東幹久と金子賢、2話で風間杜夫、3話で大地康雄とぜいたくなゲスト俳優があっさり死んでいくのもドラマファン好みだ。

注目は、長瀬の相棒のエリート新人刑事を演じる剛力彩芽(21)。
「個性的な表情と声のトーンで好演。剛力がここまでハマッてかわいく見えるドラマは初めて」(田幸氏)。
事務所の先輩で、「半沢」で良妻演技が話題となった上戸彩(28)のように剛力がクローズアップされるか。

SMAP・木村拓哉(40)主演のTBS系「安堂ロイド~A.I. knows LOVE~」も視聴率は伸び悩み中。
第3話では13.2%となったが、「裏に日本シリーズなど強敵が続く不運」(局関係者)と、本領発揮はこれからか。

一方、苦戦組の筆頭は、日本テレビ系「東京バンドワゴン~下町大家族物語」だ。
KAT-TUN・亀梨和也(27)と玉置浩二(55)の異色コンビが注目を浴びたが…。
TBSの「夫のカノジョ」は記録的低視聴率でスタートしたが、若手期待株の川口春奈(18)はこの試練をバネにどこまで成長できるか。
他にも話題作が。
フジ系月9ドラマ「海の上の診療所」は、NHK「あまちゃん」に出演していた福士蒼汰(20)に「じぇじぇ!」と言わせるなど挑戦的。
テレ朝の「相棒 12」は看板だけあって安定した人気だ。
視聴率上位2作を他作が追いかける展開の秋ドラマ。最後に笑うのはまたもや堺か、それとも?
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

海の上の診療所 キャスト ありえない組み合わせ [海の上の診療所 キャスト ありえない組み合わせ]

海の上の診療所 キャスト ありえない組み合わせ
『海の上の診療所』武井咲が“忽那汐里と手つなぎデート”松田翔太と共演NGにならなかったワケ


「今にして思えば、“ありえない”組み合わせですよ」

そう語るのは某芸能マネジャー。
今クールのフジテレビ系の月9ドラマ『海の上の診療所』のキャスティングが、ちょっとした話題となっている。
同作は瀬戸内海で約50年前から無医島を巡る病院船「海診丸」を舞台にした、医師や看護師たちの物語。優秀な医師でありながら、女性にホレやすい性格の主人公・瀬崎航太を松田翔太、男勝りな看護師・戸神眞子を武井咲が演じる。

共に月9の“大役”は初だが、前出芸能マネジャーは「問題なのは、今年2月に武井さんの所属事務所・オスカープロモーションの先輩に当たる忽那汐里さんが、松田さんとの“手つなぎデート”をフライデーで報じられたこと。
共に交際は否定していますが、少なくとも忽那さんは本気だったようです。
後日談ですが、デート報道後、松田さんがオスカーを訪問し、写真誌に撮られてしまったことを謝罪。
その場で『もう会わない』と約束したそうです」と明かす。

すったもんだがあった以上、しばらく松田と武井含むオスカーの所属タレントは“共演NG”になるのが慣例だが……。
ドラマ関係者によると「今年初めの段階でキャスティングが決まっていたので、どうしようもなかったそうです。その代わり、武井さんには事務所から『松田翔太には気をつけろ』と指導があり、撮影以外のプライベートで接触を持たないよう事務所スタッフが細心の注意を払っているそうです」という。

女好きで知られる松田も、こうした空気は肌で感じている。
「せっかく地方ロケが多いのに、こうもガッチリとガードを固められては、やる気がなくなりますよ」(ドラマ関係者)
“無気力演技”につながらなければいいが……。
記事を確認する。 (ネタりか より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。